2016年07月23日

幼稚園ママに意地悪された 入園式での仕打ち

futta0233-1024x768.jpg

今日がエジソンも終業日でした

これで、晴れて2人とも夏休みに入りました

と言っても、エジソンはあと一週間は学校へ顔を出すことになりそうです

学習相談日やプールなど、小学校の先生も忙しいのね

保護者としては、夏休みの宿題を見てもらえるのはありがたい限りなので

喜んで毎日送り出すつもりです

自由登校なので、早起きしなくては!!のプレッシャーから解放されるのは嬉しい

エジソンが小学校へ行っている間に

今週、体調不良で遊べなかったシートンを、プールに連れて行ってあげよう



ということで・・・

前置き、なが~い

後回しにしたい気持ちが全開ですが・・・

皆さん、期待してくださっているようですので

吐き気をこらえて、回想します

では、参ります



前回、Sママに、役員について皆に声をかける「お許し」をいただき

今回、入園式の場で、それを実行することに

なんで、こんな日に・・・

この日しかなかったのです

入園式は、全員が集まるし、普段会えないママたちに声をかけるチャンスなのです

SママとTママは、子供を4年保育で入園させていたので

私が声をかけようと思っていた Iさん、Hさんとも仲良しでした

なぜなら、Iさん、Hさんともにお仕事をされていて

やはり、4年保育を選んでいたからです

はい、お仕事されているんですよ

お仕事のために、子供さんを4年保育にしているんですよ

役員、立候補するわけないでしょ!!

しかも、ほとんど話したことのない、やたら必死なママに声かけられて

はい、やります!なんて言うわけないし

それは、予想していたので・・・

私も今度ばかりは策を練りました



今年の入園者はとても少ない

しかも、少ない入園者の中で、上の子のときに役員やっている人が多い

つまり、過去に役員をやった実績があると、候補から外れる

人数的に、3年間で必ず IさんとHさんは、役員をやることになるだろう

年少で役員やるのが一番負担が軽い

ここまで、言えばきっと心が動くはず



こんな勧誘しなくちゃいけないってわかっていたら

IさんHさんと、前もってもっと仲良くなっておくんだった

勧誘なんて本当に苦手で、成功体験の全く無い私は

入園式を迎えることが、憂鬱でなりませんでした


でも、ついに

旦那さんとシートン、3人で幼稚園の門をくぐり・・・

先生方に歓迎され・・・

華やかに、かわいらしく飾りつけられたお部屋に入ります

すでに数組の親子さんが集まっていて、子供たちはそれぞれ好きなおもちゃで遊んでいます

先生が上手にリードされて、子供たちは遊びに夢中

その様子を、まわりで見守る保護者たち

シートンも、大好きな汽車のおもちゃで遊び始めました

今までは、お兄ちゃんのオマケだったものね

ようやく主役、僕の出番になって、嬉しいね

3年前エジソンが着ていた、子供用のスーツ

今では、シートンにぴったり

赤ちゃんだったシートン

大きくなったね



気が付くと・・・

両脇に・・・

あの2人

耳元で、ささやかれたのは

「どうだった?」

・・・・・・

そうだった・・・

今日は感動に浸る日じゃないってことね

それにしても、どうもこうもないでしょ

私たち、いま来たばっかじゃん

わかったよ!わかりましたよ!!

声かけりゃいいんでしょ!!

もう~

本当になんなのこれ!?

何の罰ゲームだよ?

めっちゃイヤだったけど・・・

子供用の椅子に座って、楽しそうに談笑する IさんHさん発見

目の前で子供さんたちが遊んでいます

この状況って・・・

勧誘時には最悪でしょ

背後から声かけて、勧誘すんの?

一番、警戒されるパターンじゃないの?

かといって、視界をさえぎって、正面からいく?

もっとダメでしょ

負け戦とわかっていて、私なんでやったのかしら


超、怪しい雰囲気で背後から近づき・・・

声をかけましたよ

わかっちゃいたけど、IさんHさんともに、それまでの穏やかな微笑みは一瞬に消えて

警戒モード全開!!表情が凍りつきました

本当にアラーム鳴らしてたんじゃない?

それでも、心が折れそうになるのをこらえて、必死に上記の説明をして・・・


「あ~」

「そうですか~」

「今年はちょっと~」

やんわりと断りに入る2人を、逃すものかと

「きっと、どこかでやらなきゃいけないんですよ!!」

もう、最悪 完全に脅してるじゃん、これ・・・

きっぱり断られるのが怖くて

「考えておいてください」

そうやって、逃げるように話を切り上げた私

これだけやったんだから、今日のところはもうこれで終ってくれ


そうこうしている間にセレモニーが始まり


あの人・・・なんでそこに座ったのか・・・

Sママがシートンのぴったり背後に

旦那さんと私は、シートンをカメラに収めたくて子供席の正面に座ったものだから

必然的に、Sママが常に視界に入る

あとで確認した写真にも、ほとんどすべてにSママの影

まぁそんな不測の事態もありましたが

無事にセレモニーを終えて、記念写真を撮って

さあ、おみやげのお饅頭ももらったし

帰りましょうか~

「IさんとHさん、どうだった?」

そうですよね

それがありましたよね

保育室から足早に出ようとしているときに、がっちり捕まりました

「まだ、わかんないって。考えてもらってる」

ふっとため息をついて、相方にチラリと視線を向けるSママ

どうやら、これが合図だったよう

ここから・・・

SママTママによる、怒涛の攻撃が始まりました

と言っても、見た目は非常に穏やかに、低い声で静かに


「やっぱりね~私たちがやるべきだと思うのよ」

「役員になって最初の会議は、かなり遅くまでやるみたいだし」

「シートンくんには無理だよ、待ってられない」

「うちの子も4年保育で入園したての頃は、無理だったし」

「役員やるのも順番ってものがあるしね」

「先生も、先に入園した私たちがやるものだと思ってるし」


私は、言いたい放題のSママの話を一通り聞いてから、

うちは旦那さんも協力的だし、役員会のときはシートンをみてくれるから大丈夫

そう訴えたところ・・・

Sママの横にくっついていたTママが急に

「旦那さんはいつでもみてくれるの?」

前もって言っておけば大丈夫だけど・・・

「実は、急に役員会が入ることもあるんだって」(後日確認すると、そういうことはないそうです)

Tママの言葉に絶句する私を見て、したり顔でうなずくSママ

作戦通りだったのでしょう

「やっぱりシートンくんには無理だね」

「入園したてで、可哀想だよ?」

「エジソン君だって、入学したところでいろいろあるだろうし」

「学童にも入ってないしね」

「私たちは、上の子を学童に入れているから大丈夫だけれど」

「ね~」(←これは私の想像です)



もう、あまり覚えていませんが、さらにいろんなことを言われました

一刻も早く逃げ出したい!!

そう思っていたことだけは、はっきり覚えています

そして、なんでこんなおめでたい日に、こんな思いをしなくてはいけないのか・・・

悔しくて涙が出ました


今、考えてみたら、私もなんでさっさと手を引かなかったんだろう

不思議でなりません

こんな思い、そしてさらに、ここから起こるさらに面倒なこと

そこまで嫌な思いをして、それでも先に役員やりたかったのか

タイムマシンに乗って、半年前の自分にアドバイスしたい

「役員やめときな~ そして、ふたりに近寄るな~」

このあと、役員を決める総会を目前にして、さらに私は追い込まれます



別サイトで、エジソンとシートンの習い事公開中!!
ママの理科実験教室etc

<スポンサード リンク>






posted by みのり at 02:15| Comment(0) | ママとも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
にほんブログ村 子育てブログへ