2016年08月04日

ラムネづくり

aflo_feature_selected_35fb4e62ef_vgzd010349.jpg

しばらく更新ができませんでした

でも、理科実験教室は続けていました

まずは、その4からレポートします

その4はちょっと失敗気味でした

そもそも、プラン自体に不備がありました

そこで、後日、ミニ実験を追加しました

こういうところが自宅でやるメリットですね

失敗してもすぐにやり直しできる



4回目の実験は

ラムネづくり

はい、単なるお菓子づくりです

でもまあ、料理は化学だから

と、割り切って行ってみましょう

実験ぽいのは、唯一計量だけなので・・・

スケールを使って、ぴったり量りましたよ

実際は、適当で大丈夫なのに

ではまず

① お砂糖120グラム

② ①にお湯を大さじ1強入れてまぜまぜ

③ レモン汁を絞って、やっぱり大さじ1強を②に入れてまぜまぜ

④ クエン酸を小さじ一杯加えて(ついでになめてみる^^すっぱい~)

⑤ かたくりこを160グラム量る

⑥ かたくりこを3回に分けて入れていく

⑦ まぜた材料を好きな形にして乾燥させて完成

最後はただの感触あそびじゃん

なんかおかしいな~と思いながら理科実験教室終了

子供たちは楽しそうに作っていたけれど・・・

エジソンはやっぱり違和感を感じていました

「どこらへんが実験だったの?」

確かに確かに

ここで、ハッと気づきました

実は、理科実験のカリキュラムはネット上で見つけてきたのですが・・・

ただ「ラムネづくり」と書いてあったわけではなくて

シュワシュワをどうやって作るのか・・・というようなことも記されていました

これだよ

これを忘れていたんだよ

まさに、その材料とは

重曹

わざわざ、クエン酸を調達させた理由はここにあったのです

でもこの日は、上手にラムネが出来上がり

型抜きもうまくいって、味も本物のレモン汁をつかっただけあって

おいし~かったです

ということで、この日の実験は一応終わりにして・・・

後日

ミニ実験を開催

内容は以下です


① 子供たちの手のひらに、クエン酸小さじ2分の1

② さらに、重曹も同量の小さじ2分の1

③ 手のひらのうえで、まぜまぜ

④ 少量の水をそこに垂らします


すると~

シュワシュワ、あわあわ~

2人の手のひらの上でブクブク泡立ちはじめました


「つめた~い!!」

エジソンの叫び声

シートンも同じく

そうなのです

クエン酸と重曹が反応して、あわ立つと温度が下がります

ほら~

やっぱり、こういうのが無いとね

ということで、またさらに後日、この反応を利用してシュワシュワラムネを完成させました

そのレシピは、次の実験レポートで記します

とっても面白かったですよ



別サイトで、エジソンとシートンの習い事公開中!!
ママの理科実験教室etc

<スポンサード リンク>






posted by みのり at 00:03| Comment(0) | 理科実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
にほんブログ村 子育てブログへ