2016年08月04日

氷の実験

aflo_feature_selected_35fb4e62ef_vgzd010349.jpg

立て続けですが

実験教室のレポートです

いつも実験教室はエジソンとシートンと私の3人でやっているのですが

今回は旦那さんも参加

夏にピッタリの実験をしました

実験その5は

「氷の実験!」

氷がどんなふうにできるのか、観察しました



氷なんて、冷凍庫でいくらでも作れます

でも、冷凍庫に入って観察することはできないし~

ということで

秘策を探し出しました

氷になるのは一瞬なので、実験教室っぽくいろいろと前段階の準備を


① まずは、気温を測ります(33度でした)

② つぎに、バケツに水をいれて、水温を測ります(30度でした)

③ さらに、ボールに氷を入れて、温度を測りました(8度までさがりました)

④ では、②のバケツに氷と塩を入れます(塩はどっさり入れると良いですよ)

⑤ この塩入氷水ですが、どんどん冷たくなります。-4度になるまで待ちます

⑥ 小ビンに水を8割ほどいれて、ラップでふたをして輪ゴムでとめます

⑦ 氷水のなかに小ビンを入れて、20分待ちます(静かに刺激を与えないように待ちます)

⑧ 20分後、キンキンに冷えた小ビンを取り出します(0度以下なのに凍っていません)

⑨ 静かにラップを外して、さあ、ここです!!小さな氷のかけらをビンに入れます

すると!なんと!!一瞬にしてビンの中の水が凍ります!!!


この手順を正しく踏めば、まず失敗はないようです

0度以下になっても水は、不純物や振動など、何もきっかけがないと凍らないようです

冷凍庫では、開け閉めの振動や不純物が冷凍庫内に漂っているらしく

また、冷やしすぎにもなるようで、小ビンは凍ってしまうことが多いです

この実験で重要なのは温度計ですかね

うちには、実験用の温度計がなかったので

気温を測る温度計を木枠ごとジャボっと入れちゃいました

ま、同じ温度計なので結果オーライです

この実験で、一番興奮していたのが・・・

旦那さんです

スゴイ!!スゴイ!!と大喜びでした

子供たちは、旦那さんの勢いに気おされて、実験結果よりもお父さんが気になっていました

ま、楽しかったので良しとします

夏休みの間は日程調整がしやすいので、できるだけ4人でやろうと思います

ではでは、皆さんもお試しください



別サイトで、エジソンとシートンの習い事公開中!!
ママの理科実験教室etc

<スポンサード リンク>






posted by みのり at 23:07| Comment(0) | 理科実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
にほんブログ村 子育てブログへ