2020年06月20日

10万円の件 その後

yjimage.jpg

請求書の束を広げていたのが功を奏したのかはわかりませんが

夫が翌朝一番に、めずらしく自分から切り出してきました


「10万円の件だけど…」

何を言い出すのかと思ったら

「自分の分は自分で確保したい」とのこと

ほらね

やっぱりそうだ

10万円を

自分の小遣いとして使い込むつもりです

夫の言い分としては

「そんなことはしない、手元に置いておきたいだけだ」と

このセルフ

過去10数年の間に、何度聞いたことか…

そして、渡したお金は今、一銭も残っていません

それを問いただすと

「使わなきゃ、やっていけなかった」

ああそうですか

ポテチ買わなきゃ、マンガ買わなきゃやっていけないのね


てことで

完全にシャットアウト


多分、今頃「モラハラ妻」とか検索しているんでしょうが

勝手にどうぞ


とりあえず、「あなたの」10万円も支払いに使いますから

というか、私があなたの奨学金返済を肩代わりしたこと、お忘れですか??

今までさんざん、子どもの子育て支援金も使い込んでいるのに、こんなときだけ

全員の分を全員に振り分けよう、とか言いだす

要するに、自分の10万円をよこせと言っているのです

ありえませんから


ほんと

アホすぎて笑えるくらい


そんで

肝心の申請書はまだ夫のもとで手付かずのまま

これだけもめて、結果

このまま一円ももらえずにおわるかも??


いつもお読みいただき、ありがとうございます!

よろしかったら、こちらもどうぞ( *´艸`)

別サイトで、エジソンとシートンの習い事公開中!!
ママの理科実験教室etc


世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com


<スポンサード リンク>






posted by みのり at 12:27| 夫の愚業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログへ