2021年04月19日

自己啓発で陥りやすい罠

futta0621-1024x768 (1).jpg

自己啓発のために、いろいろな会に顔を出すようになると

そこにいる人たちが

あまりにもイイ人に見えて

そんな会を見つけ出して、そこに参加した自分の成長を

自画自賛して

結果



天狗になる


これ、自己啓発アルアルだと思います


私は最近、新しい場に足を踏み入れて

新しい刺激を日々受けています

約2年ぶりに、新しいことが始まった興奮と

そして、不安

自分が変化することへの期待と恐怖

そういう、不安定な状態にあって

ナーバスになっています

2年前に始めた茶道を

少し遠ざけたいような気持になっているのです

最初、茶道と出会ったときは

こんな素敵な世界があるんだと

日々喜びを感じていたのに

2年たって

熱が冷めた??

少し違います

茶道そのものには、まだまだ魅力を感じています

でも、そこに集う仲間に

ちょっとした苛立ちを感じてしまうのです

それぞれの人生を生きているのだから

目標が違って当たりまえなのに


お稽古中のやかましいほどのおしゃべり

これがつらい…


話の内容もまた

私の目指すものではない


噂話や、愚痴、悪口

下品な言葉もたびたび出ます


でもね

振り返ってみると

私も言っていたんです

ついこの前までね

そういう話をして、みんなにウケたらニンマリする

そんな人間だったと思います


それが、ここへきて

ちょっとそういうのやめたいなって思うようになった

それだけのことです


こういう時の対処法は何があるのか

ひとつは、すっぱり縁を切って離れる

でも、これは極端に思える

最終手段に残しておいてもいいよね

じゃあ

皆が言ってる話を、これまでとは違う視点で聞いてみる

これがたぶん理想

この人は、どうしてこういう話をするんだろう

と、思って黙って聞いてみる

黙って聞くだけで

何も言わなくていいのです

合わせて笑う必要もない


でも、そういうとき

私はかなり怖い顔になりがちです

近寄りがたい雰囲気を出すらしいのです

想像してみて…

まぁ、そうだろうなと思います

内心

「馬鹿じゃないの??そんな話の何が面白いの??」って

思っています

念じるくらい思っています

だから、そういう雰囲気が漏れるのはあたりまでなんですけど…

できることなら

ここで…

周りの空気を凍らせずに

和やかな雰囲気を残したまま、沈黙したいのですが

どうしたらいいのか、まるでわからない( *´艸`)


私が答えを持っているとすれば…

般若心境ですかね

心の中でお経を唱える…

あるいは無心になって瞑想する…


と、ここで

そこまでしなきゃいけない会に

参加する必要あるのか??

まだまだ悩みは続く…


いつもお読みいただき、ありがとうございます!

よろしかったら、こちらもどうぞ( *´艸`)

別サイトで、エジソンとシートンの習い事公開中!!
ママの理科実験教室etc


世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com


<スポンサード リンク>








posted by みのり at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 子育てブログへ